鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2012年10月 | 神奈川工務店TOP | 2012年12月»

横浜・横須賀平屋対決!


先日、取材先の編集部から連絡がありまして、新年明けてからの取材依頼先オーナー宅が決まりました!

なんでも年内に取材を行い、年明け(いつかは聞いてない)の発売になるとの事ですが、横須賀の高台に建った平屋と、横浜市に建ったほぼ平屋の家が同時に掲載されるとの事です。

元々、日本の家と言えば平屋が多かった訳ですが、やはり昔の土地事情と昨今の土地事情では大きく土地の価格に開きがあります。

そのせいもあってか、昨今の家造りでは平屋と言う選択肢があまりないんですよね。。

ところが中には、ブルジョワな方もいらっしゃいまして、ホントに平屋を建てる方もいらっしゃれば、ほぼ平屋の家を建てる方も居ます。

その二件のお宅が師走に入って12月に取材を受ける事となりました!

この二邸は共に現代平屋と言う感じですね。


2012年11月30日

湘南•横浜方面へバイクでのアフターメンテナンス計画!


いつもは水曜日がお休みと決まっている私ですが、今日はお休みではなくお仕事です。
実はお休みを昨日頂きまして、ある所に通い出しました。

ある所と言うのは、横浜 バイク 教習所の南横浜自動車学校です。

前にもちらっとだけお話をさせて頂いたかと思いますが、250ccのビックスクーターを導入して、何かあった際に引き渡し済みオーナー宅へと素早く移動出来る為の手段として、導入を考えたのです。

中尾建築工房の施行エリアでは湘南方面にも行きますし、横浜方面にも行きます。
そして横須賀市内や三浦市なども、中には車の入らない現場などもありました。
そうすると、後からのメンテナンスを検討すれば、おのずと問題が発生したりします。
どうしても夏の134号線が異常なほど混んだりとか、紅葉の時期など北鎌倉方面が全く動かないとか、保土ヶ谷バイパスで万年渋滞があったりとか。。

でも渋滞を解消する事は、なにをやっても私たちでは変える事が出来ません。
では、車での移動ではなく、バイクでの移動だったらスピーディーに事が運ぶのではないかと考えた訳です。

と言う事で、四半世紀ぶりに二輪の免許を取得するべく、教習所に行き出したと言う訳ですね。

昨日はホント、教習の初日でしたので、まずはバイクの操作方法や転んだときのバイクのおこし方などを講習するんだろうなぁって思っていました。

でも実際には。。

2012年11月28日

不動産取引・購入の裏側


ちなみに私は不動産屋さんではありませんよ(笑)

まー本題に入る前に、今日は午後からずぶ濡れになりながら『ほっこりなごみの家』の現場で、風と雨と戦いながら、足場の養生を外したりとか、柱の養生をしたりとかで、設計の瀬戸を連れて二人で風雨の半端無い時間に戦っておりました。。

と言うのも、現場のある地域によって、風の強弱とかも違ってきます。

私はこの辺りはジモッピー的な人なので、ヤバいかヤバく無いかの判断は誰よりも早いのです。
なので施行部隊をぶっちぎって、先行乗り込みして作業をしてました。

おかげさまで、ずぶぬれ&事務所に帰って薪ストーブで暖まりつつ、でもやっぱり早くお風呂に入りたい訳です。

では、帰宅したからと言って、それで今日のお仕事が終わるかと言えば、そうではありません。

ここからが本題になるのですが、今まさに不動産取引・購入の裏側を仕掛けております。

土地を購入される方に取っては、たいていが予算を上回る土地を欲しがります。
でもそれでは理想の家が建たないと言う方も多くいらっしゃいます。

そこで理想の土地及び家を実現する為には、どうすれば良いかと言う事ですが。。


2012年11月26日

家造り初級編|入り口価格と出口価格で間違えるな!


今日は朝から某ハウスメーカー様にて建築の話が進んでいた方のご相談を受けたり、他地元工務店さんに相談をしている方からの相談を受けておりました。

共に計画している家(本体と一般的な付帯工事費の合計)のご相談のみで話が進むらしく、家の仕様面などやライフライン、外構に地盤改良工事などを考慮しても『それって無理だべ。。』とはっきりと分かる内容でした。

まー、なんと言うか家造りを依頼される皆様も、本当につくづく大変だと痛感されます。

だって興味があるから設計事務所や工務店に問い合わせをして、話を聞きに行く訳です。

ところがこの業界と言うのは『その予算で行けます!』とか『この位あればなんとか。。』という曖昧な形で逃げてしまうのです。

そして契約が決まったと同時に『そこは未確定だったので、追加は出ますよ』とか『注文住宅ですから』というお決まりの逃げ口実で、さらっと交わしてしまいます。

そういった住宅業界の流れが嫌で、悪いモノを安くではなく、良いモノをリーズナブルに提供する為に奮闘をしてきました。

でも、こういう経緯を踏まえて、不信感を感じた方のご相談を受けると『まったくどいつもこいつも、契約の事しか頭に無いのか。。』
そんな事を思います。

2012年11月24日

横須賀市小原台|Santorini Style(サントリー二スタイル)御引き渡し☆


2012年11月23日の建築吉日の日に、横須賀市は小原台に建ち上がったSantorini Style(サントリー二スタイル)の御引き渡しをさせて頂きました!

家造りとは、面白いモノで同期となるオーナー様同士がいらっしゃいます。
特に中尾建築工房の場合は割とオープンな感覚なので、自然と同期のオーナー様同士で仲良くなったりもするんですね。

これはある意味、創業以来決めた約束事ではないのですが、自然とそんな風になりました。

ある意味で良い事も悪い事もシェア出来る事は、私的に良い事だと思っています。
でも、出来れば良い部分だけをシェアしてもらえればとは思いますが(笑)

んで本題のSantorini Style(サントリー二スタイル)は、着工中もしくは前回の塗り壁講習に参加された方であれば、ご存知のオーナー様かと思います。

あの講習以降はイメトレなどもしつつ、一時はくじけたり、ある時には私の事務所に連絡をくれたりして『これが皆さんが通られた道なんですよね!大変だけど頑張ります!』なんて会話もあったりしました。

私は基本的に講習などの時には、現場に出向きますがお手伝いは基本的にしません。
だって施主施行だからお手伝いをしてはいけないし、自分自身が頑張らないといけない訳です。

なのであえてお手伝いをせず、施行部隊から話を聞いて、口は出したいけれども敢えて出さない様に耐え忍んでいたりするんですね。


でもそうやって、なんでもかんでも手取り足取りではなく、感性を養って頂きながら施行をして頂いているせいもあってか、かなりハイレベルな仕上がりとなっています。
むしろ職人さんが施行したと言っても、過言ではない位のレベルです。

本当は思いっきり、画像をアップしたいと思いました。
でも『住んでますけど何か?!』見学会もある事ですし、全てを公開するのはどうかと。。

でもこんな家だよって画像をちょこっとだけアップ!

yokosukashi-obaradai-k-ohikiwatashi.jpg

2012年11月23日

珪藻土や漆喰の塗り壁講習!参加希望の方へ


やりたいって方が居れば、それはやっぱり応援したいと思うのがモノ造り職人の思う気持ちです。

でもそれが一部屋とか、ほんのちょっとって言われると、なんとなーく『気合いが足らなく無いか・・・』と思うのも、正直な気持ちです。

私が打ち合わせの際に『全部やるって言う方には協力するよ!でもちょっとだけって言う方には、気合いが足らないって事で協力したくないかな。。』って発言したりするんです。

そのせいもあってか、中尾建築工房で家を建てて、珪藻土や漆喰の塗り壁を施行される方は、家一軒を丸ごと施行される方の割合がとても多いと思うんです。

いわゆる施主施行と言われる類いになるのですが、なんでもかんでもやった方が良いと言う訳ではありません。

コスト削減の為にやりたい方なら良いのですが、だれでも出来るってモノではありません。

やはりなんと言うか、野生系のガッツがあり、かつ折れない心が必要になってくるかと思います。

そして応援と言うのも、ただ単に施主を放置する訳ではありません。

これはちょっと工務店秘密なる部分が多くありますので、公開は出来ませんが。。

でも、さすがに7年以上もこんな事をやっていると、施主施行のレベルが施主のレベルで無い事がはっきりと分かるんです。

2012年11月22日

賢い収納・最強の法則


今日明日は、月に2回の連休ですんで、初日の今日は家族サービスなる事をしてました。

と言っても、特別になにかする訳でもなく、一緒に居ただけなんですけどね。

お休みの日に家に居たりすると、普段仕事に行っているので気にならなかった部分が気になったりします。

これって、そう思うのは多分私だけではないと思います。

家の収納の問題って言うのは、よほどは気にしないか、気にするのであれば注文住宅で徹底的に収納するべくモノの居場所を固定し、なおかつ必要量の収納場所+縦の面積を確保しない限りは、どんどんモノが溢れてしまいます。


そこでいつも私が提案をしているのが、必要の無いモノは捨てなさいという事を提案しています。
だってせっかくお金をかけて収納を造ったとしても、収納計画自体が適当であると、モノも溢れてきてしまいますからね。
それに意味なく造る事もお金の無駄になるからです。

当然の話ですが、必要なモノを捨てろと言っている訳ではありません。
年に一回とか、数年に一度だけ祭事などで使うモノは捨てなくても良いと思います。
使う訳ですからね。

でも、使わないモノを収納するために、収納を造る費用、建物の固定資産税やら土地の固定資産税も掛かってくる訳でしょ?!

どうせ同じ面積にお金を掛けるなら、必要の無いモノはきちんと捨てて、そのスペースを利用してちょっとした書斎などを造った方がよっぽどお金の有効活用になると思うんです。

なので私は家を建てる方に対して『必要の無いモノは捨てましょう』と話しています。

2012年11月20日

年内はこれが最後の完成見学会!in横須賀市小原台


2012.12.8.9.jpg

場 所: 横須賀市小原台  (雨天決行)
日 時: 2012年12月8、9日(土、日)
時 間: 10:00~17:00
 立 地: 潮風の香る、緑ある高台
内 容: 『住んでますけど、なにか?』私の好きを形にしたジブン•Style☆
建 物: Santorini Style(サントリー二スタイル)☆

完成見学会のお知らせになります!

ホントは年内最後の見学会は、どの現場にするかを悩み中だった所、思わぬ所から手が挙りました。

まさかのダークホースなオーナー様宅にて、開催となります!


2012年11月19日

横浜市港南区港南台に建てた家|引き渡してその後


と言う事で、引き渡しを終えてから一月とちょっとが経ちました。

その後の事をメールでいっぱい書いて頂いたので、様子がとっても分かりやすいんです。

メールを頂いたのは夜でしたので、私もパソコンではなく、スマホの方で見ておりました。

頂いたメールの内容的には。。


息子さんお部屋の縁なしのカラー畳がとっても良いとか。。

輸入の洗面化粧台に+でつけたタイルがは便利とか。。

アイアンのフェンスと建物全体のホワイト(ただの白じゃないよ)と枕木のコントラストがとっても良くって、夜に外から眺めると中庭から漏れる光が落ち着いた雰囲気を出しているとか。。

わんこちゃんたちへの最高のプレゼントであるお風呂やシャワーなども!

そしてその他にも引き渡して後から検討するって言うスペースには、植木屋職人さんをご紹介させて頂いたんです。
植木職人さんも中尾建築工房で自邸を建てられた方で、柔軟に対応してくれると言う事もありつつのご紹介でした。

その職人さんも当たりだったらしく(笑)、すっごくかっこ良くて、素敵に仕上げてくれたとの事!

この辺りは私がどうこうするって言うよりも、職人さんのブログに4回に分けて更新をされておりますので、リンクを貼らせていただきましょう!


でもこうやってご連絡を頂けると、ホッとします。
私は以外に見た目と中身が違うらしく、かなり繊細らしい。。

なので、こうやって喜びのご連絡を頂けると、安心するんですよね。

2012年11月18日

ナチュラルテイストの施主参加型家造りPart2


と言う事で前回、葉山一色にて着工中のオーナー様自ら自然塗料の着色に挑戦して頂いた訳でございます。

ところが後日話しを聞いてみると、なんと拭き取りするのを忘れてしまった。。なんて事を伺いました。

自然塗料と言うのは、普通のペンキと違って拭き取りが必要になります。
普通のペンキは塗料で表面をコーティングしてしまうので、木部に塗料を置いて行く感覚が必要です。

でも自然塗料の場合は反対で、塗料を木部が吸い込んで、吸い込めない分の塗料はキレイに拭き取る必要があるんです。

そのため『塗ったら拭き取ったりとか、ちょっと高度なテクニックを使うと、塗料を塗りながら伸ばして〜、伸ばして〜、そして拭き取りをしない!』
そんなテクニックもあったりします。

私はもうかなりハイレベルな自然塗料の塗り方を極めていますので、どちらかと言えば後者の塗り方を行います。

でも今回、オーナーの奥様には『拭き取りが大事なんですよ』って事で、基本に忠実な施工をして頂きました。

所が時間的に厳しかったのか、拭き取り忘れがあったとの事。

でも拭き取るだけにもう一度来てもらうのもかわいそうな感じがしますので、こちらで拭き取りをしてあげたんです。

その塗り上がったドアは、こんな感じに着色されました!

hayama-mukudoor-chakushoku-o.jpg

2012年11月16日

2012年中尾建築工房と行く冬の船釣り!!


と言う事で、以前から暖めて来た企画を行います!

2012年12月2日(日)雨天決行
横須賀市佐島港(仮予定)
釣りモノ=多分かわはぎ
参加要件
中尾建築工房で家を建てた方、現在着工中やプラン中の方はどなたでもだいじょうぶです。
ただし船にも限りがありますので、先着順でご予約を受ける形になります。
定員数に達した時点で申し込みを締め切らさせて頂きます!

参加費用=無料!!

必要なモノ=クーラーボックス、防寒着

※竿などはレンタルを予定しています。

中尾建築工房の職人さん達は他工務店様の職人さんと比べて、職人さん同士でかなり仲が良いのです。
そんなある日、ちょっと悲しみに暮れた職人さんがいらっしゃいました。
その職人さんを元気づけてあげたいって事で、大工の中野棟梁が私に直接連絡をくれて『元気出させる為にも、みんなで集まってなにかやらないか!』と申し出があったんです。
それがきっかけになるのですが、そう言った話であれば『良し、分かりました!』となるのが、私の性格です。
では職人さんだけで行くかと言うと、そんな事もありません。
以前にも職人さんや中尾建築工房のオーナー様と一緒に釣りを楽しんだ事もあります。
なので、せっかく行くのだから、オーナーの皆様にも声を掛けようってことで、先着順にはなってしまいますが。。

2012年中尾建築工房と行く冬の船釣り!!

こちらを企画させて頂きました!

ちなみに職人さんに関して言えば、現場で常日頃から頑張ってくれている方や、私が信頼を置いているメーカーの方のみを誘っています。
なので怖いって感じの方は居ないので、オーナーの方でも馴染みやすいかと思います!

2012年11月15日

横須賀市津久井浜『ほっこりなごみの家』上棟☆


2012年11月13日の建築吉日に横須賀市は津久井浜にて『ほっこりなごみの家』が上棟しました!

yokosukashi-sinchiku-chuumonjyuutaku-jyoutou-tukuihama-a.jpg

今回は若手棟梁チームが少数先鋭で頑張ってくれました!

こちらのおたくは土地探しから一緒に始められたのですが、話がとんとん拍子に良い方向へと進んでしまいました。

というのもお電話で相談を受けてまして、お話を伺っている間に『それだったら駅から近い方のが良いよ』とか『ここの駅とかだったら、こういった施設もあるし環境的にはいいですよね』って話をしていたんです。
建て売り住宅はどのような工事をされているか確認する事も出来ないし、不安を感じたオーナー様は『どうせ新築の一戸建てを建てるのであれば注文住宅を!』

そんなノリで家造りがスタートしたんです。

そこから土地を探し始めたのですが、至極まれにこういった方も居らっしゃるんですよねぇ・・・

まさかのタイミングで駅徒歩圏で希望している土地のサイズ。。
そしてなんと現在住んでらっしゃる賃貸の部屋からすぐそこ!!
さらには土地の情報が入ったのが、未公開の状態。。
価格も相場に比べて、業者さんも早めの勝負を付けるかの如くリーズナブル!

という普通では、なかなか無い条件とタイミングが一発目に来てしまったのです。

普通だったら『んじゃ、家造りについて色々と説明しますから、中尾建築工房まで来られますか?』って話からスタートする訳です。

でも今回は私、オーナーのAさんとはお会いする前に、土地が決まってしまいました•••

マジでそんな事ってあるのか?!
と、私が言いたくなる位の運が良いと言うか、圧倒的な早いスピードで家造りの良すぎるスタートを切ってしまったのです(笑)

ある意味『偶然が重なると、こんな感じになっちゃうのね••』って感じです。


2012年11月14日

初めての家造り=買ってはいけない土地の理由とは?!


私たちの活動エリアである湘南•横浜•横須賀•三浦と言えば、海と山に囲まれた都心に近い割に自然が残っている環境と言われています。
海と山がある=海からの湿気や山からの湿気、そして山などを崩して土地を造ったりしている場所ですから、場所に寄っては土地と道路、土地と土地の高低差がかなりあったりするのです。
まー、こういった事は当たり前ですんで、それをいかに対処するかが鍵となります。
ましてや注文住宅ですから、建て売り住宅の様に湿気対策や塩害対策がなされていない家を建てる訳にはいきません。

実は昨日、見学会に参加された方に『こんな土地があるので、ここが問題無いのであれば購入したいかなぁ。。』と言う事を言われました。

当然、購入する前には、現地を見たりしますし、後から余計な費用が掛からない土地を見つけたりするのです。
今回、土地を見に行ったのは事務所から徒歩で30分くらいの場所になりますから、外廻りを終えた後にそのまま見に行ってきたのです。
当然、相場の坪単価よりはるかに安い価格で出ています。
周辺は南ひな壇で敷地の接道状況は東南西の三方向に接しています。
接道状況が良い=角地になりますし、本来なら坪単価は高めに設定されるはずです。
でもそれが何故にリーズナブルな価格で出ているのかって事になると思います。

あんまり画像的に詳しい事を出してしまうと、不動産会社様への営業妨害になってしまいます。
なので全部が全部は出せないですけど、もっともヤバい部分だけ画像でアップさせて頂きましょう。

tochi-koujihiyou-kougaku-yokosuka.jpg

2012年11月12日

横須賀市浦賀丘見学会終了しました!


やはり時期的に皆さん、状況を良く理解されていると言う感じですね。

私と今日直接お話した方は、ご説明させて頂いた通りですんで、それに従って進めて頂ければ、家造りの難を超えられるかと思います。

本当は来場の方の来ている雰囲気の分かる画像も撮影したりするのですが、今日はお休みのメンバーもおりますので、撮影どころではありません。
なので画像は無いのですが、ご来場頂いた皆様には、少しでも家造り成功の一歩を踏み出して頂ければ、私も幸いです。


それにしても今日はひさびさ足腰に来てますね・・
と言うのも、いつもは電車通勤の場合、YRP野比駅からバスを利用します。

でも、そこをバスを使わずてくてく歩いて事務所まで向かっているのです。

なんでそんな事をしてるのかって?

2012年11月11日

ナチュラルテイストの施主参加型家造り


となれば、やはり誰しもが叶えたい夢だったり、選びたいデザインと言うモノがあるかと思います。
中尾建築工房と言えば、自然素材の家をいかにローコストに出来るかを提案している部分もあってか、施主となるオーナー様が家造りに参加されるケースがあります。
もちろん、必ず参加しなくてはならないと言う事ではありません。
ただ、予算と要望のバランスで、どうしても要望が強かったりする場合には、施主施工のセルフビルドも指導していたりするんです。

今も着工している現場が数あれど、そのうちの6割のお宅はなんらかしら、施主であるオーナー様が作業に関わっています。
こだわりを残しつつ、少しでも節約をしたいと願う方がいらっしゃる事がその証とも言えるでしょう。

施主が作業をするとして、例えばどんな作業があるかと言えば。。

天井と壁の珪藻土塗りだったり。。

天然素材の塗料を使って、木部をご家族で塗ってみたりとか。。

やる気のあるご主人様がいらっしゃる場合は、ウッドデッキなども自作されている方も居ます。

すごい方では、部屋の無い所に部屋を造ってしまう方もしばしば。。

と言う事で今回、ご紹介をするのは割と簡単な作業でもある塗装をご紹介しましょう。

塗られているのは葉山一色にて着工中のオーナー様になります!

hayama-isshiki-mukudoor-tosou-o.jpeg

2012年11月 9日

葉山町に建つめんそーれ葉山に鳥害?Part4


hayama-max.jpg

特に引っ張っている訳ではありませんが、あれから追加でやりたいトラップがありましたので、まだラウンド2のまんまでございます・・・

前回は急遽へびのおもちゃをトラップとして、対策を行ないました。

でも実際には、私の頭の中では、注文したへびの数と配置するイメージを把握した上での、購入でした。

ところが実際には、リモコン付きの蛇は二つ注文したはずなのにも関わらず、中尾建築工房に到着したリモコン蛇は一匹だけ・・

それでは私のイメージ通りにならないため、あらたに動かない蛇を配置する事にしたのです。

当然リモコンが付いている訳ではありませんから、ただ置くだけになってしまいます。
なので安全及び余裕を見ての配置とするため、追加した蛇のおもちゃを配置してきました!


2012年11月 8日

やすらかに


つい先日、こんな事を書かせて頂きました。

実は私の恩師とも言える方がお亡くなりになったのです。

恩師と言うと、一般的には学校関係の方だったりするかと思います。

でも私の場合は違いました。
私の恩師は、パブの経営をされている方だったのです。

当時の私はまだ17歳と若く、夜な夜なバイクで走り回る事を止めた頃でした。
バイクを卒業してからというもの、夜の時間がぽっかりと空いてしまいます。
その穴を埋めたいとか、大人の世界に興味のあった年頃でしたので、私は横須賀にあるパブの面接を受けたのです。

そのお店を経営されていたのが、私の恩師となる方でした。

どう考えても、未成年にしか見えませんし、18歳と偽って面接に行っているのです。
間違いなく、それに気づいているはずの恩師は、私が『18歳です』と言った事を信用して、雇用してくれる事になりました。

2012年11月 5日

葉山町長柄|T,s•Styleの家上棟☆


2011年11月1日の建築吉日!!
快晴の青空の中、葉山町長柄にてT,s•Styleの家が上棟しました!

お待たせしてしまいましたが、これぞ中尾建築工房と胸を張れる躯体がようやくここ湘南葉山に上棟です。

建てる家は湘南対策がきちんとなされた調湿性能を持ち、天然素材の珪藻土の天井や壁、そして柔らかのある無垢材で造り上げて行きます。

湘南に新築の一戸建てを建てるのであれば、湘南独特の立地と条件を考慮しないと過ごしやすくはならないので、これからこのエリアに住宅を計画されている方にとってはお手本の様な家ですね。


hayama-sinchiku-jyoutou-t.jpg

葉山と言えば大人も子供もわくわくする様な気持ちになれる町と言うのが、私の印象です。
日々の毎日は、都内でお勤めされていて、神経をすり減らしたり、プレッシャーを感じたりして過ごされている方が多いかと思います。
でもその代わりに週末には、大人も子供もわくわくする町にて暮らせる。

これって誰もが同じ様な事を望んでいらっしゃるかと思いますけど、現実的にそんな町ってなかなか無いんじゃないかなって思うんです。

逗子も違うし、鎌倉もまた違う。

これはホントに葉山だけが持つ持ち味なんだと思います。


2012年11月 3日

ちょっとすみませんが・・・


今日のブログ更新は、昨日上棟させて頂いたお宅の予定でした。

画像もきちんとあるし、是正した工事の内容も明確です。


そこで『きちんと施行させて頂きました!』と言うご報告と共に上棟おめでととしたかったのです。

が。。

現場に一際の関係の無い所で、書けるはずの記事が書けなくなってしまいました。。

この理由はまた、葉山長柄上棟の記事を終えた後に、改めてご報告させて頂きたいと思います、。

2012年11月 2日