鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2012年6月 | 神奈川工務店TOP | 2012年8月»

横須賀市浦賀丘フラット35Sの選択肢を考え中


んー、建て売り住宅みたいな閉鎖的な間取りほどフラット35Sの技術基準はクリアしやすいんです。

でも、そんな建て売り住宅の様な万人受けする家を望む方が果たして中尾建築工房に来る果と言うと。。

それはまず無く、ほぼ100%の確率で、開放感のある家を望まれますし、より開放的な窓開口を求められるのです。

そこでフラット35Sの技術基準の話になると。。

建て売り住宅=ありとあらゆる部屋が狭いので、壁がいっぱいある。

注文住宅=どっかーん!っと開放感のあるリビングを!
さらには大きな吹き抜けがあって、夏涼しくて冬は暖かくて。。

なんて注文が多い訳です。
そして更には風水などの条件も加わった事を加味して行くと。。

2012年7月31日

横須賀市池上|歯科医院の急遽ecocuteアフター対応


今日はここ二〜三日の中では、少しだけ涼しかった感じですかね。

朝一番から葉山町に建築されるオーナー様との打ち合わせ予定がありましたので、書類の準備をしていたら、なにげに電話が鳴りまして。。

『あ〜、中尾さん?!ひさしぶりです〜、ちょっとうちのエコキュートに車がぶつけられてしまって、ちょっと見て欲しいんですけど〜』

『えぇ〜、マジっすか〜、んじゃ私がすぐに行けるか分からないですけど、行ける面子で行ける段取りします!』

そして行けるスタッフで現場を見てもらい、メーカーにはすぐに電話をしてカスタマーの手配完了!
そして私は打ち合わせの資料を造り、打ち合わせを終えてから現地に駆けつけました。

行ってみると、結構べっこりへこんでいるんですよねぇ・・

せつないヒートポンプの姿を見てしまいました。。。
ところが見た目の割にヒートポンプの配管や基盤は奥深い設計になっているので、内部にはまったく問題なし。

でも、やっぱり痛々しいですよねぇ・・

yokosukashi-ikegami-shikaiin-ziko.jpg

2012年7月28日

葉山町に注文住宅の新築を計画中なのですが。。。


そうなんです、家の方は特に問題なさげなんですよね。

ただ、お隣さんや、土地を開発されたデベロッパーさんとの話で『ちょっとそれ待った!』という意見があるんです。

まぁ、良く有る事なのですけどね。

今回、なにをデベロッパーさんから相談をされたかと言うと。。

『費用はこちらで持ちますから、Tさんの敷地部分に階段の所までブロックを積みませんか?』

普通に考えたら『お金出してくれるなら、いいかもなー』なんて話になると思います。
新品できちんとやってくれるし、しかもタダですもんね。

ところがぎっちょん、タダより高いモノは無〜し!

そんな頭がよぎったので、ちょっと現地を見に行ってきたんです。

お隣はすでに新築工事が始まっていて、大工さんも今月一杯くらいでお仕事は終わるとの事。
というか、なんで私がお隣の大工さんを知っているかと言いますと、たまたまなのですが大工時代に一緒に働いていた事のある方が、お隣の大工工事をされているのです!

2012年7月22日

神奈川の注文住宅に横浜に建てた3邸宅のオーナー様が掲載されました!


以前に取材ラッシュだった事をどこかで書いた様な。。

その取材ラッシュ時のお宅が今回、掲載をされています!

kanagawa-yokohama-chuumonjyuutaku-keisai-totukaku-kounanku-sakaeku.jpg

東京、千葉、埼玉、神奈川の4県に掲載される特集記事に掲載されているオーナー様も居れば、毎回掲載されている所に掲載されているオーナー様もいらっしゃいます。

やはりひときわ目を引くのは、特集記事に掲載されたオーナー様ですね!

ここに私の知る限りでの過去記事リンクを。
リビング家族主義の神奈川代表オーナー様!

お住まい拝見レポートのオーナー様

徹底研究レポートのオーナー様

中尾建築工房の理念としては、毎回毎回同じ家って言うのが無いと言える位、建ち上がる家のデザインが違います。
でも、わざと変えていると言う事ではないんですね。
あくまでもオーナーからヒアリングして、追求して行ったら。。
こうなりましたという感じです。

それはそうです、十人十色と言う言葉がある様に十人のオーナー様が居れば十邸のデザインが生まれても、なにもおかしい事ではありません。
つまりネタの尽きない中尾建築工房のオーナー様方は、個性溢れる方が多いと言う事になりますかね(笑)

あーんどっ!

2012年7月20日

横浜市港南区港南台|古材と新材の正しい使い方


以前にこんな事がありました。

古材って言うと、色んな使い方があるんです。

例えば梁などの様にぶ厚い材料などは、歳月を重ねて良い風合いを出してますから、キレイに洗浄だけして新しい家に組み込んだりします。
例えるなら、そうだな〜

梁とかは当たり前に洗うだけでしょ••

それに大黒の様な柱も、いい感じの風合いが出るので、洗うだけにするでしょうね。

あとは玄関の框とかも、立派な材であれば、洗うだけにするかもしれません。

そして今度は古い材を古いまんまにせずに、徹底的に綺麗にしてしまう方法があります。
それが今回の様な欄間などの様な造作系の部材だったりします。

欄間などは手を掛けて造っている事が多いですし、建具の細工障子などもこだわりを持った名匠が造っていると、部材からオーラが出ているモノなのです。

でも、そのオーラは一般の方に分かるもんでもないんですけどね。。

まぁ、使い道の判断基準としては、細かな細工がなされている部材はキレイに再生してあげた方が映えると思っている訳なんですね。

そして今回、建具や欄間自体はとってもキレイに再生する事が出来ました!

2012年7月17日

横浜市保土ヶ谷区|段暖の家見学会中!


と言う事で、今日は横浜市保土ヶ谷区に建てた段暖の家見学会だったのですが、駐車スペースが無いと言う理由で10組限定とさせて頂いた訳であります。
限定効果もあってか、本日の土曜日に予約が集中して、明日は割とゆったり見れる形となりました。

ご覧頂いた方には、中尾建築工房の家造りイズム的な部分が伝わった様で、良かったです!
まだ明日もご覧になる方がいらっしゃいますので、あんまりここで詳しくは書きません。
でも道下を逆手に取った平面計画や、立面の利用方法はとても参考になったのではないかと思います。
聞かれた方には詳しくお話させて頂きましたが、この家はフラット35Sエコ対応+中尾建築工房だからこだわる床下部分での秘策。
これは。。

話すと長くなるから、ここで書くのはやっぱりやめておきます。
とまぁ、段暖の家自体はとても高性能で、かつフォルムが美しい家だと自負しております!

yokohamashi-hodogaya-m-kansei.jpg

2012年7月15日

横須賀市小原台|施主施工のウッドデッキを造作する!


いつからなのか、中尾建築工房には多くに分けて二種類のオーナー様がいらっしゃいます。

全て中尾さんの方で造って下さいと言われる方(一般的な工務店で施行する場合のパターン)
少しでも予算を落としたいので、自分達で出来る所は自分達でがんばりたいんです!(あきらかに中尾建築工房ならではのパターン)

このどちらかになり、家造りを進めていくんです。

全てを施工側に任せて頂けると、正直言ってプロですから楽なんですよね•••
職人さん相手であれば、言葉も職人さんモードで話せば簡単に伝わります。
工期も当然、プロですから理由無く伸びたりしません。

でも一般の方に、職人さん相手の様な説明をしたって、分かる訳がありません。
それはそうです、だって職人さん達は立体を頭の中で考えながら話をする事が出来ますから、極端な話をすれば、図面が無くても会話が成り立ったりするんですね。

とは言っても全てをお任せ頂けるお宅も早々ありません。
やはり限られた予算の中で、後から変えれない部分に関しては力を入れたいって言われる事がほとんど。

そこで内装の珪藻土やウッドデッキの造作などを一般の方が施工するケースも出て来る訳です。
ところが内装の珪藻土と言っても、中尾建築工房の場合はちょ〜っと普通よりもしんどいですかね••

なぜなら一般的な工務店さんは内装の壁は珪藻土でも、天井までも珪藻土にしているお宅は無い様です。

中尾建築工房の場合は、天井だろうがモノ入れの壁や天井だって珪藻土にしてしまいます。

たいてい、天井に珪藻土を塗らない理由が、地震などが起きた際に天井から珪藻土が剥がれ落ちたりしたらまずいだろう•••って事が大きな理由らしいのですが。。

私たちの考え方は逆転しており『だったら要は剥がれなければ良いんだろう?!』って事。

現に中尾建築工房に家造りを託されたオーナー様の中には『何社もの工務店さんに行ったけど、天井まで珪藻土を塗ってくれる施工業者さんは居なかった』などと言われたりしますからね。

でもその中にはきちんと下地を抑えたり、一切溶剤が入っていない成分を以て、剥がれない様な工夫が出来ているからなのです。

当然、プロの左官職が塗る場合は綺麗だし、剥がれ落ちる心配もありません。

では内装の珪藻土を施主施工する場合は。。

2012年7月 9日

中尾建築工房=海の見える家を造る設計施行の位置づけ


よく言われるんです。

『中尾建築工房さんって、海の見える家を、たくさん造っているって感じですよね!』って。

んー、確かに海見えの家も造っては来ましたし、雑誌などにも取り上げられた事が何回もあります。

でも、海見えの家を造る=見えるだけの家ではなくて、この立地ならではの仕様や対策を考えて造ったりしているんですね。

海が障害物なくキレイに見えるって事は=遮るモノが無いので、塩害や台風などの災害を受けやすいのです。

さらに私自身が海遊びが好きですし『最低限、ここに建てるなら、このツボは抑えておきたいよな・・』的な部分を重視して、家の計画を行ないます。


やっぱり海が好きな男だった、いや今も大好きな男ですからせっかく海前に住まわれるなら、失敗の無いマリンライフを過ごして頂きたいからこその控えめな提案だったりします。

2012年7月 7日

2012年7月の完成見学会のお知らせ



ようやくお待たせしていた完成見学会の開催です!

*************************************************
場 所: 横浜市保土ヶ谷区上菅田  (雨天決行)
日 時: 2012年7月14日、7月15日(土•日)
時 間: 10:00~17:00
立 地:駐車スペースにかなり限り有り、早いモノ順でご予約受付を終了します•••
内 容: 敷地と道路の高低差を克服したジブン•Style☆
建 物: 段暖の家☆
*************************************************

今回は立地的に車を停めておくスペースがございません。
なので本来は見学会の開催をやめておいた方が良いのではと思っていたお宅なのです。

ですが今回、オーナー様施工の塗り壁の出来映えが素晴らしいと、中尾建築工房の施工部隊や左官職人のおとうさんまでもが褒めておりました。

そんな現場であるなら是非とも公開した方が良いだろうと思い、人数制限をかけての完成見学会を開催します!

2012年7月 5日

横須賀市浦郷町|地鎮祭☆


2012年6月29日の建築吉日に横須賀市浦郷にて地鎮祭を執り行いました!

当日の天気は、予報では90%雨予報。。

地鎮祭と言えば良い日取りを選んで行いますので、当然、雨が降ろうとも行います。

が、しかーしっ!

そこはやっぱり晴れ男な中尾建築工房!

見事な晴れっぷりで地鎮祭を迎える事が出来たのです!
やっぱり日頃の行いって、大事ですよねー

yokosukashi-jishinsai-uragou-s.jpg

庭先には綺麗なあじさいが、地鎮祭を祝ってくれているかの如く、咲いてくれています!
しかもめでたい日なので、お隣の土地では上棟作業が行われる中の地鎮祭。
お隣の施主様や、工事の業者様ともお話をする事が出来ましたので、お互いにすっきり+晴れやかな気持ちで事を進める事が出来ました!

2012年7月 3日