鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

« 2012年2月 | 神奈川工務店TOP | 2012年4月»

逗子市桜山!! 湘南流家族で造る私だけの家造り☆



逗子市桜山!!

湘南流家族で造る私だけの家造り☆

場 所: 逗子市桜山  (雨天決行)
日 時: 2012年3月24日、25日(土•日)
時 間: 10:00~17:00
内 容: 湘南逗子に建てるジブン•Style☆
建 物: きーもちぃー家☆

きーもちぃー家☆の特徴☆
今回のオーナー様は、横浜市在住で、湘南に家を建てる為に土地購入の前から中尾建築工房にお見えになました。
選ばれた建築地は逗子市桜山!
以前から『こーしたい!あーしたいっ!!』を暖めて来ていたオーナー様が選んだ家はシングル葺きの屋根に真っ白なサイディング!
無垢の構造を活かして、玄関廻りの下屋根部分は垂木や梁に柱も露出させている個性的なデザインとなっております!
そして内壁には中尾建築工房こだわりの漆喰珪藻土をチョイス!

2012年3月22日

鎌倉市浄明寺|自然と共に暮らす家-鎌倉Cozy Nestお引き渡し☆


もう、ネット環境は整ったかな(笑)

2012年3月17日の建築吉日に、鎌倉市は浄明寺に建築されたトットロさんコッコロさんご夫妻の家となる鎌倉Cozy Nestが無事、竣工を迎えました〜☆

こちらのお宅は建築途中に、こんなイベントを行なったお宅でもあります!

そう、室内の天井や壁、もちろん収納の中までもオールドイツの漆喰珪藻土を一般の施主様が塗り上げるというセルフビルド作業ですね。

まぁ、いきなり塗れって言われても、なかなか出来るモノではありません。
でも、気の効くツールを貸し出したり、ポイントになる部分をお教えしたり。。
そこでオーナーの心が折れさえしなければ、全室の天井や壁までの全てが漆喰珪藻土と言う、快適な空間になってしまうと言う訳です!

今回、トットロさんコッコロさんが選択されたのは、全て自分達で塗りあげるという選択肢でした。

壁塗りの当初は『う〜ん、週末のみの作業だし、鎌倉の現場と今のお住まいは遠いしなぁ。。だいじょうぶかなぁ。。』と思いきや。。

2012年3月20日

横須賀市佐野町|『楽・好・嬉・の家』上棟☆


2012年3月12日の建築吉日に横須賀市佐野町にて『楽・好・嬉・の家』が上棟しました!

いやー、やっぱりこの敷地に建つ『楽・好・嬉・の家』は、敷地条件とヒアリング内容を考慮しただけでも『すごかですばいねー』と言いたくなってしまう位、贅沢な間取りの取り方になっています!

さっきまで九州の親戚と電話で話していたもので、つい九州弁がうつってしまいました(笑)


今回の敷地は車の往来が全く無いと言って良いほど、安全な場所で横須賀市の中央部に近い場所ではあるけれども、緑も多くて。

ここに居ると『ほっ』とするような建築地、それが『楽・好・嬉・の家』の建築地になる訳ですが。。

やはり道が狭かったり、車が入らなかったりで、工事自体はかなりの難航度合いを誇ります!

が、しかーし!!
無事、上棟です!

yokosukashi-sano-jyoutou-h1.jpg


2012年3月15日

絶対に忘れない


俺たちは昨晩、乗り越えた。

どの業界でもある事かもしれない。

でも、やり切れない想いを持ちつつも、俺たちには前に進むしか無い。

全ては中尾建築工房に家造りを託してくれたオーナーの為に。
そして過去に中尾建築工房で建てたオーナーを支える為に。

これを成し得る為に、俺たちは個々で持っている全ての技術を現場で出し尽くす。

お前の持っていた志は必ず、俺たちが引き継ぐからな。

2012年3月13日

哀しい報告がありました。


今日の朝早く、私の携帯電話に着信がありました。

いつもなら、普通に出ている時間帯だけれども、今日はなぜだかその場で取れなかった。

私が折り返した相手は、中尾建築工房の協力業者である職人さんの親方からでした。

その電話の内容は、とても哀しい内容。

特に職業を述べるのは、敢えて伏せさせて頂きたいと思います。

でも、きっと中尾建築工房のオーナー様の中には、事情をご存知の方もいらっしゃいます。


その報告とは、これから頑張れる時代を背負う職人さんが亡くなってしまったとの報告です。
私は朝から、報告を受けて呆然としてしまいました。

2012年3月 7日

横浜市港南区港南台|解体終了確認・地縄張り!


あっ、いたたたた・・・

腿の辺りとふくらはぎの辺りが非常に重たい・・・

別に親父だからって事ではありませんし、無理をしたって事では無いですからね(笑)

実は昨日、横浜市は港南区港南台にて、解体作業をしていて、予定通りに解体を終えたお宅の地縄を張りました。

『地縄ってなに?』

と言われる方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明しますとね。。

様は家の建つ位置を白いロープ的なモノで表す事を指すんです。

たいていのお宅の場合、地縄を張った段階では小さく感じます。
そして基礎工事の時も小さく感じ、上棟する時点で大きく感じます。
そして工事が進むに連れて、リアルサイズになるという傾向が強いんですね。

その基礎工事の前に、家の大きさを張り出す事で、配置の確認をしたり、土地の大きさが登記簿上よりも大きくなっていたり、小さくなっていたりを測ったりします。


2012年3月 2日